事業主の労災  
一般の労災制度では事業主またはその家族、会社役員の方は労災に加入できません。その特別措置として、前記の方々の労災に特別加入制度があります。
特別加入の条件は
@中小事業主が労災保険の保険関係を成立させていること。

Aその事業主に係わる労働保険事務の処理を労働保険事務組合に委託していること。 

となっており、また保険料は基礎日額を5,000円から20,000円までの範囲内で決めていただき、その日額に365をかけた額を保険料算定基礎額としそれに労災率をかけた額が保険料となります。 ※注意点として、事故が発生した場合に労災と認められるのは従業員の所定労働時間内での事故であることが条件になります。